FC2ブログ

皆さん、こんにちは0203smaile.gif
やっちゃんです0221kira.gif


unnamed (2)


いよいよ待ちに待った夏休みが始まりましたねhare.gif


そしてぐんぐん夏期合宿までもう1か月を切りました。

前回のブログでは、1日目の講義内容の紹介をさせて頂きましたが、
本日は2日目の受験生向け英語クラスの講義内容を簡単にお話しさせて頂きます。

まず、合宿全体では2日間かけて合計12時間も勉強する訳ですが、
2日目の英語に使える時間はたった3時間(数学も3時間です)しかありませんので
参加される皆さんにお願いなのですが、「事前テスト」の最後の入試問題を抜粋してあるページを(ちょっと大変かもしれませんが)必ずやってぐんぐんまで返送してくださいね。


では、この3時間で具体的に何をするのかと言いますと、

【1日目に習った基礎(主に中1範囲)の確認】 ※英語の授業全体を通して随時行います
前日に学習した内容がどのように、実際の入試問題に反映されているのかを確認することで、復習をしつつ、「基礎をしっかり押さえることで得点になるんだ!」というのを実感してもらいます。
先の長い受験勉強の中で、やっぱり、自分が勉強していることがこうやって「意味のあること」だと分かることで頑張るモチベーションにしてもらえたらいいなと思います。

【長文対策】 2コマ
皆さんもご存知だと思いますが、英語入試問題の60~80%は長文ですよね。
と、いうことは・・・入試を乗り越えるには長文対策がカギとなります。
ただそんなに恐れる必要はありません。長文と言っても、一つひとつは短い文章です。
更に、理科や社会と違って答えは全て文章の中にあるのです。
こんなこと言うと、「単語を知らなければ読めないじゃん」と言われてしまいそうですが(確かに最低限の単語力は必要です)、例えば国語の問題にだって知らない単語は出てきますよね0301q5.gif
そんな時、皆さんならどうしますか0301q5.gif


日本語で知らない単語に出くわした時と同じことを英語でもしてあげればいいのです。
その具体的な方法を、授業でじっくりとお伝えします。


【英作文対策】 1コマ
どの県にも必ず含まれる英作文。
これも、長文同様、多くの受験生が出来れば避けたいと思うのではないでしょうか0301q5.gif

ただ、減点法で採点される英作文は実はとてもおいしいのですwarai.gif

だって、いくら簡単な文を書いていたとしても、文として間違えがなければ減点出来ませんよね0301q5.gif

だから難しくてかっこいい英文を書くよりも、知っている単語・文法で間違えのない英文を書けるように見過ごしやすいポイントを一緒に確認しましょう0302b5.gif

(そして、この「間違えのない英文」を書くには、中学1年生の基礎がまたもやとっても重要になってくるのです)


こんな感じの構成になっています。

英語が得意のやっちゃん先生ですが、それでもアメリカ時代には沢山苦労しましたase.gif

(教科書の半分以上が知らない単語で埋め尽くされていて、これは英語じゃなくて違う言語で書かれているんだ0302b5.gif
なんて勘違いしたことも・・・苦笑)
だから、皆さんが入試の長文を目の前にして呆然としてしまう気持ちも分かります。
そんな中で「英語が分からないなら、分からないなりの工夫をする」「分かっているものを最大限活用する」術を身につけました。
それを皆さんにもちょっとでも身につけて帰ってもらえたらいいなって思います0203smaile.gif


一緒に頑張りましょう0221bikkuri_20121212110952.gif
ブログスタッフ


プロフィール

家庭教師ぐんぐん

Author:家庭教師ぐんぐん
家庭教師のぐんぐんです。
群馬県・埼玉県・栃木県の家庭教師のことなら、ぐんぐんにお気軽にお問合せ下さい。
家庭学習から定期テスト、受験までサポート☆

【TEL】0120-88-5574
☆携帯電話からも可
☆土・日・祝日の受付可 
☆受付時間13:00~23:00

【HP】
http://t-gungun.net/

【Mobile】
http://t-gungun.net/m/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QRコード